住生活空間株式会社 WOODREVE

スタッフブログ

2018/10/25

ダイニングルーム

大川です。新ホームページで早速ブログ投稿してみます!

 

先日、竣工5年を迎えたお客様の点検にお伺いしたのですが、上手く使っていただいているなあと改めて感じました。

 

最近の当社で造らせていただくプランだと、リビング空間にキッチン機能とダイニング機能を一体化したいわゆる「LDK」という大空間を中心に各間取りを固めていく、ということが普通です。もちろんこの住宅も同じく大きな空間としてLDKを作っていますが、他の当社物件と違うのが「ダイニングスペース」を半独立化した、というところです。

 

当社で手がける一般的なダイニング配置。

 

 


このように、キッチンとほぼ隣接して配置しています。
お料理を出したり、食べ終わったお皿を片付けるには本当に便利な配置です。

 

 

それに対して今回お伺いした住宅のダイニングはこちら。

キッチンから切り離して独立して配置しています。

(かといって完全に区切っているのではなく写真右手前側はTVのあるリビングスペースです)

 

 

間取りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このお客様がおっしゃるには「お皿を運ぶ手間なんてこの距離だったら全然気にならないよ!」とのこと。

 

お住まいになられるお客様は普段からとても社交的で、とても多くのご友人が訪れます。
そういった方々をもてなす「特別な空間」としてこの場が使われているのです。

 

ここではお見せできないのがとても残念なのですが、FacebookやInstagramでこのダイニングで楽しむ写真を拝見できるのはとても嬉しいことです。