住生活空間株式会社 WOODREVE

スタッフブログ

2019/03/15

リフォームあるある

3月も半ばになり、寒暖の差が激しい季節になりましたね。

 

本日は、リフォームについてお話したいと思います。

リフォームは新築工事と違い、解体をしてみないとわからない部分も多々あります。

柱が腐っていたりなんてこともありますが、新築当時の現場での苦労や

職人さんの仕事の跡が出てきたりなんてこともあります。

現在、リフォームの現場を担当していますが、

そちらの現場で出てきたのがこちら

 

この金物は『メカス釘』と言います。

先端が釣り針のような形状になっており鴨居(引戸の上部にある、溝が彫られている部材)を吊るための釘です。

 

 

実は、私も初めてみる金物だったので、大工さんに教えていただきました。

今ではほとんど使われなくなった釘だそうです。

そして、もう一つ出てきたのがこちら

 

 

現場の下地材に何やら鉛筆で書かれた線が・・・

当時の大工さんと監督さんで打合せをした際に書かれたメモの跡。(推測ですが)

おそらく、柱の大きさがが○○mm、下地材の厚みが○○mm、仕上材の厚みが○○mmといった内容かと思われます。

こういうものが出てくると、当時の職人さんたちがどのように考えていたのかよく分かります。

実は、私自身も現場で職人さんたちへ指示する際に書いたりしてます。

もちろん完成時には壁の中に埋もれて見えなくなりますが(笑)

いずれ誰かが私のメモを見つけたりする日がやって来るのかな~

なんて考えている、山田でした。