住生活空間株式会社 WOODREVE

スタッフブログ

2019/04/26

三重県O様邸進捗!順調です。

地鎮祭以来の報告です。

地鎮祭は年明けすぐでしたのでずいぶん報告に間が空いてしまいました。

気づけば春ですね~

 

写真からも温かい雰囲気が伝わるでしょうか。

4月にぶりまつりが行われた三重県度会郡大紀町、錦地区です。まさに教科書通りのリアス式海岸!

お客様であるO様が現場からすぐそばの高台に展望台あるんだよ~と教えていただいたので早速行ってみました。車で3分。

今年はブリが不漁だったそうで、無事お祭りが開催できたのでしょうか。(タイミング合わせて行きたかったです(笑)

 

さて前置き長くなりましたが。。。

 

3月に行われた建て方当日の写真です。

一宮のモデルハウスの建て方がデジャヴします。

 

そして4月上旬の外観。

一宮モデルハウスと違うのはバルコニーがあるところです。

 

そして内部。こちらも建て方直後の様子。

うーん。デジャヴですね!(しつこくてすみません・・)

本当にそのまんま、という内観。

 

でも一宮モデルハウスは事務所も兼ねておりますので、事務所が不要であるO様邸は個室とガレージが設けられています。

一緒にしか見えないかもしれませんが、2階右側に広いロフトスペースが設けてあります。

格子の柱の向こう側に廊下が設けてあってロフトに行けるようになっているのもモデルハウスと違うところです。

1階から見上げたときはより天井が大きく見渡せるのですよ!

 

そしてこちらも3月下旬の内部の様子。

造作工事の真っ最中ですね。構造の金物検査でお伺いした日です。

 

吹き抜け

大開口の窓、モデルハウスは木製としていますが、O様邸は海が近く台風被害も多い地域ですので、強度や塩害に対する耐久性など考慮してアルミ製としています。

 

あまりに巨大すぎるので住宅用ではなく一般のビルで使用される製品をオーダーかけているのです。

住宅用の窓製品は釘やビスで固定していますが、今回はビル用ということもあり溶接固定です。

まぶしい!火事に注意!ですね。

私も10年以上前の前職ではゼネコンの監督でしたので懐かしい光景。

 

でも木造にビル用の窓を取り付けたのは初めてなので技術的な納めなど勉強できるいい機会でした!

 

工事は急ピッチで進んでいます!

引き続き全力で監理を進めていきます。

大川でした!

 

残念ながら三重県などの遠方工事は原則行いませんが、愛知県一宮市周辺で注文住宅で建てたいと思う方は、常時ご見学いただけるぜひウッドレーヴ一宮展示場にお立ち寄りください!