住生活空間株式会社 WOODREVE

スタッフブログ

2021/06/28

ウッドレーヴならではの仕上。床編①

こんにちは。大川です。

 

普段お仕事をしながら、業界で働く方々からお話をうかがったり、雑誌などながめたりして今の家造りの流行りのようなものを日々勉強しています。

また、当社ではお客様のご要望に合わせ素材選定を行いますので、必ずしも一律の仕様ではないのですが、「これって当社ならではの仕様かなあ?」と思うものを何回かに分けて紹介したいと思います。

 

まずはなんと言ってもこれ。

杉の無垢フローリング。

暖かさ・柔らかでさらさらな肌触り、そして落ち着いた色合い。

私もとても気に入っています。

※上記写真は新築時の撮影です。赤白はっきりしていますが、経年で落ち着いた色に変化していきます。

ご採用いただいているお客様からは「立ち仕事指定でも脚が痛くならない」というコメントも頂いたことがあります。

 

ちなみに、国産の木材での無垢床といえば一昔前までは主流がヒノキでした。

硬さや比較的安定した品質で選ばれていたのかと思います。ヒノキの香りもとても良いですよね。

経年の変形が大きいと敬遠されていた杉ですが、近年の乾燥技術向上で狂い・変形をかなり抑えることができるようになり、こういった床での採用がしやすくなりました。それでも意外と当社以外ではなかなか見る機会が少ないなと思います。

 

当社では杉の採用に当たり納入元様はかなり厳選させていただいており、高品質なものをお客様にご提供するようにしております。

もちろん、ウッドレーヴ一宮モデルハウスも杉フローリングを採用しております。

 

この心地よさを、ぜひ体感していただけましたらと思います。

お気軽にお立ち寄りください!