住生活空間株式会社 WOODREVE

スタッフブログ

2021/12/06

プランの考え方「季節を感じ、家族でくつろぐ家」③

こんばんは。大川です。

 

先日の記事の続きです。

いよいよプラン考えます。

 

当社では詳細なヒアリングを行ったあと、プランを考え始めます。

 

まずは敷地の使い方。

こんな形で建物位置、駐車場、庭の位置を落とし込みます。

一般的なポイントとして私は

・敷地の無駄を無くす(使いみちのない部分を作らない)

・各個室の日当たりを確保するためになるべく東西に長い建物を想定する

を基本として考えます。お客様のご要望や、この土地でしかできないコレ、みたいなアイデアが生まれたときは臨機応変にプランを変えますが・・・

 

この計画も山を切り開いた形ではあるものの、四角いフラットな土地になりましたのでこんな感じかなーとラフにスケッチ。

もちろん、建物のデザインはあまり考えず、機械的に各部分を当てはめているという感じです。

 

 

そしてどんどん進めます。

このような形で建物の内部、部屋の用途もざっくりと分けていきます。

やはりリビングは一番いい位置に配置したいな、ということで家の真ん中、水廻りはどっちかなあとラフにふんわりと当てはめていきます。

 

2階もなるべく早めに考え、階段位置もそれとなく想定はしておきます。階段は、機能的に考えると先に固定したほうが良いかもしれませんが、私はあえて流動的にしています。先に階段きっちり決めてしまってプラン進めると、後で変更したいとか、人の意見を聞いてみたりとか、新たなアイデアが出てきたときに変更しようがない状態になってしまっていることが多いためです。

 

ご紹介しているスケッチはあくまで一例で、平均で2-4案くらい作ることが多いです。

今回ご紹介しないですが、外観デザインもこの平面的プランを作りつつ同時にスケッチをしたりします。

 

・・・細かく区切りますが、また次回をお楽しみに・・・!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週末も相談会が開催されます!

ぜひこちら↓↓のリンクをチェックいただき、事前のご予約のうえ是非ご来場ください。

【土地探し相談会開催!】12/4(土)、12/5(日)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一宮市赤見にあります一宮モデルハウスは定休日以外いつでもご覧いただけます!

こちら↓↓から詳細ご覧いただき、ご来場ください。

一宮モデルハウス