住生活空間株式会社 WOODREVE

スタッフブログ

2021/12/28

プランの考え方「季節を感じ、家族でくつろぐ家」⑥

こんばんは。大川です。

 

先日の記事の続きです。

 

前回まで、初回プレゼンの間取りを中心に説明しました。

 

今回はその後、プラン修正の過程をご紹介できればと思います。

 

こちらは前回もご紹介した初回提案です。

 

そしてこちらが訂正プラン。

お話し合いをすすめる中で、上記のプランですとダイニングとリビングを兼ねるようなプランでしたが、キッチンとダイニングを近づけるご要望いただきましたので修正。

 

ダイニングのスペースを確保するためにスタディコーナーのサイズ縮小と階段位置の変更をおこないました。

全体像移っていないですが、敷地形状も少し変更となり駐車場位置が変わったりもしています。

 

そして決定案

テレビやピアノ、スタディコーナー(手芸コーナーに変更)位置の変更、面積も無駄ない広さとなるよう変更、結果として全体面積は縮小されました。

 

外観もこちらのように変更。

太陽光発電を載せたい!ということで屋根は東西の大屋根ではなく南向きの片流れとしました。

オーソドックスな、落ち着いた印象の外観です。

 

2階はこちら。

階段位置は少し変更されていますが概ね初回から変更はありません。

 

・・・と、こんな感じで一気に進んだ、というわけではなくブログ記事化するに当たって簡略化しています。

お客様からご意見いただいたり、こちらからもまた別のご提案したりなどこの画像の間にも紆余曲折がありました。

 

ここまでの過程を専門用語て「基本設計」といいます。

次回は「実施設計」という部分にスポットライト当ててみようと思います。

 

私のブログも2021年は最後となりました。

お読みいただいた皆様拙文にもかかわらずお付き合いいただきありがとうございます。

 

来年も引き続きウッドレーヴの社員ブログをお楽しみに!